« 菩提樹田んぼの会からのお知らせ 2018年3月号 | トップページ | 菩提樹池里山保全地域関係7団体による今年の第1回目の 保全作業 »

2018年3月10日 (土)

ジャガイモ畑の耕し・植え付け& 堆肥の切り換えし

このごろの菩提樹田んぼ周辺の気候は、雪が降ったり、春の嵐が吹いたりと、加えて寒暖の差も大きく変化の激しい日々だった。

 今日はあめもやみ久しぶりに穏やかな作業日和となった。
今日は作業を2班に分かれ、
1班は作業小屋の後ろの畑を耕しジャガイモの植え付けを行った。80cm間隔に畝を作り、種芋20個を半分に割り、40個にして植え付けを行った。
Dsc_5452_2
Dsc_5512
もう1班は、前回行った、堆肥を、いったん掻き出し、攪拌し、米ぬかと水を散布した。
Dsc_5458
Dsc_5467
堆肥を崩すと、発酵による40度Cぐらいの発熱による湯気が出ていた。
Dsc_5482
Dsc_5497
再度埋め戻しを行い完了。
当初お昼には焼き芋をする予定であったが、肝心の保管していたサツマイモが、気温変化の激しさもあって傷んでしまい、里芋をゆで、それを参加の皆さんでいただいた。
 その付け合わせに、焼き芋ならぬ「焼きネギ」を参加したお母さんに作っていただき、、私は初めて賞味し「Siimple is the best」を身をもって体験した。
 付録:堆肥を書き出していた時になぜか?????が出現した。
Dsc_5491
狸のシャレコウベ?との結論だが?なぜ頭だけなのか?そしてなぜ堆肥の下から出てきたのか「謎」は残った。

« 菩提樹田んぼの会からのお知らせ 2018年3月号 | トップページ | 菩提樹池里山保全地域関係7団体による今年の第1回目の 保全作業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1918468/73080363

この記事へのトラックバック一覧です: ジャガイモ畑の耕し・植え付け& 堆肥の切り換えし:

« 菩提樹田んぼの会からのお知らせ 2018年3月号 | トップページ | 菩提樹池里山保全地域関係7団体による今年の第1回目の 保全作業 »