2018年5月13日 (日)

堆肥の切り換えし、田んぼの軽めの代掻き

 天気予報では、お昼から雨とのことでしたが、作業は雨に降られることなくお昼前に終了しました。

 1400001dsc_0148
田んぼの周辺の木に一見優雅な白い蝶がたくさん舞っていました。前回の作業時に丸裸にされたみずきの木を食性とするキアシドクガ(名前は毒蛾ですが、人への毒性はないそうです。)が羽化したのでした。
1400001dsc_0110 キアシドクガの幼虫
1400001dsc_0112 裸にされたみずき
苗床の状況は、川下のコシヒカリが、やや遅れ、むさしもち、あきにしきは順調です。
1400001dsc_0141
本日の作業① 堆肥の切り替えし
1400001dsc_0154
1400001dsc_0155
1400001dsc_0157
1400001dsc_0166
田んぼの代掻き
1400001dsc_01611400001dsc_0165
1400001dsc_0168
1400001dsc_0171
ベテランのMさんにちょっとしたハプニングがありましたが作業は無事終了しました。
1400001dsc_0149
1400001dsc_0150
ジャガイモも里芋も順調です。

2018年5月 7日 (月)

菩提樹田んぼの会からのお知らせ 2018年5月号

◎ 日  程:5月13日() 雨天延期(5月20日) 

作業内容:堆肥の切り換えし、田んぼの軽めの代掻き、畔並びに周辺草刈り

時  間:午前9時~午前1時頃

集合場所:菩提樹田んぼ

持ち物 :軍手、帽子、タオル、飲み物、長靴(田んぼ足袋)

◎ 日  程:6月3日(雨天でも決行)

作業内容:田んぼの本格的な代掻き、周辺草刈り、苗取り用わら・田植えの準備

時  間:午前9時~午前1時頃

集合場所:菩提樹田んぼ

持ち物 :軍手、帽子、タオル、飲み物、長靴(田んぼ足袋)

◎ 6月9日(苗取り)、6月10日(田植え)になります。

◎ 問い合わせ:菩提樹田んぼの会 佐藤雅生

TEL090-1889-4065  E-mail satou-masaoluck.ocn.ne.jp

 天候に迷う場合は、当日朝、佐藤(090-1889-4065に連絡ください

2018年5月 3日 (木)

種籾ふり、防鳥網張り、周辺整備

 昨夜の雨が通り過ぎ、今日は農作業日和となりました。

先日有志のの方々で短冊の補修作業を行っていただき、本日はすぐに「種籾ふり」の作業を始めることができました。
 水を引いて、短冊を最終調整してからも籾撒きを行いました。
1短冊に4合程度の種籾を。東側から「あきにしき=固有種米」を1短冊。
次に「むさしもち=当地のもち米」3短冊 西側に3短冊をこしひかりの種籾を撒きました。
1400001dsc_0098
1400001dsc_0101
 T君・K君の兄弟が大活躍してくれました。
1400001dsc_0104
1400001dsc_0106_2 1400001dsc_0117
そのあとに防鳥用の網をかぶせました。
1400001dsc_0120
その簡に畑の草取りも行い今日の作業は終了しました。
1400001dsc_0124

2018年4月21日 (土)

短冊切り、種籾の温湯消毒、サトイモの植え付け、今年の総会

 今日は真夏のような天候で、そのためか総会なのだが出席者が少なくちょっと残念でした。

 地元では「桐の花が咲いたら籾撒き」と言われていますが、異常気象か?藤の花は散り始めています。
 そのような中で、今日は3つの作業を少ない人数で分担しながら行いました。
 短冊切り=籾を植え付ける苗床(南側の 一番小さな田んぼを使います。
Dsc_0034
Dsc_0047_2
Dsc_0052
種もみの温湯消毒
Dsc_0033 60度Cの温水を作るため風呂おけを用意
Dsc_0041_2 熱湯を作り、風呂おけの水と混ぜ60度Cのお湯で満たす
Dsc_0045 それぞれの種重みを10分程度漬け込むDsc_0049 品種ごとに冷ませ籾振り時期まで保存。
里芋の植え付けDsc_0043
お昼に昨年植え付けた里芋をゆで、それを食べながらの総会を行いました。
 

2018年4月 8日 (日)

苗間の代掻き、里芋掘り上げ、畑の耕し

 4月7日は天気予報では、雨が予報されていましたが、朝から天気に恵まれました。

 今日の作業は 

① 苗間の代掻き=苗床を作るための田んぼを耕す作業

中学生のT君はすっかりベテラン域に入り、操作も見事でした。小学生の弟のT君はお兄さんの操作を見つめ、次の自分の番のために勉強中でした。

Dsc_5831

Dsc_5832

Dsc_5833_2

Nms_5840_2

②里芋堀り上げ=里芋の種芋を取り出し、植え付けを行う作業でした。

 親芋を掘り出し、種芋を分離し植え付けを行う

Dsc_5836

Nms_5841

 そして田んぼに水を供給するための水門の補修を行いました。今回は大雨、大雪と激しい気候状況を受けたことから、Mさんの手作り木製水門の付け替え作業を行いました。

 作業は難航しましたが、Mさんのほぼ設計通りに完成しました。

Dsc_5838

Nms_5845

Nms_5847

2018年3月29日 (木)

菩提樹田んぼの会からのお知らせ 2018年4月号

この暖かさで桜は、一気に満開になりました。見るなら3月中かも?

いよいよ、田植えの準備に入ります。今年全体の計画も話し合います。奮ってご参加ください。新しい方も誘って参加大歓迎です。

日程 4月() 午前9時~12時30分(雨天決行)

作業内容:苗間の代掻き、里芋掘り上げ、畑の耕し

集合場所:菩提樹田んぼ

持ち物 :軍手、帽子、タオル、長靴、田んぼ足袋、飲み物

日程 4月2() 午前9時~12時30分(雨天時は4月22日に延期)

作業内容:短冊切り、種籾の温湯消毒、サトイモの植え付け(茹でサトイモを食べながら、今年の総会も兼ねて話し合いをおこないます) 

集合場所:菩提樹田んぼ

持ち物 :軍手、帽子、タオル、長靴、田んぼ足袋、飲み物

 

日程 428() 午前9時~130分(有志による短冊手直し)

日程 5() 午前9時~12時

作業内容:種籾ふり、防鳥網張り、周辺整備(桐の花が咲いている時期)

集合場所:菩提樹田んぼ

持ち物 :軍手、帽子、タオル、長靴、田んぼ足袋、飲み物

☆田植えは、栗の花が咲くころの6月上旬になります。 

  • 問い合わせ:菩提樹田んぼの会 佐藤雅生

TEL090-1889-4065 

E-mail satou-masaoluck.ocn.ne.jp

 天候に迷う場合は、当日朝、佐藤(090-1889-4065に連絡ください。

2018年3月24日 (土)

菩提樹池里山保全地域関係7団体による今年の第1回目の 保全作業

菩提樹池周辺の保全作業を行いました。

基本的には、倒木の恐れのある木の伐採作業でした。9時に菩提樹田んぼの広場に、集合し、地元菩提樹自治会の菩提樹池愛好会会長さんご挨拶と所沢市のみどり自然課の職員の方の作業手順の説明で、作業は開始されました。
Dsc_5643
Dsc_5645_2
Dsc_5647_2
Dsc_5650
Dsc_5651
Dsc_5658
Dsc_5663 Dsc_5670
Dsc_5667
作業は参加していただいた方々のご協力を得て、予定通りに事故もなく完了しました。
ちょうど桜も見ごろになり、道端にはスミレも咲きだしました。
Dsc_5674
Dsc_5680

2018年3月10日 (土)

ジャガイモ畑の耕し・植え付け& 堆肥の切り換えし

このごろの菩提樹田んぼ周辺の気候は、雪が降ったり、春の嵐が吹いたりと、加えて寒暖の差も大きく変化の激しい日々だった。

 今日はあめもやみ久しぶりに穏やかな作業日和となった。
今日は作業を2班に分かれ、
1班は作業小屋の後ろの畑を耕しジャガイモの植え付けを行った。80cm間隔に畝を作り、種芋20個を半分に割り、40個にして植え付けを行った。
Dsc_5452_2
Dsc_5512
もう1班は、前回行った、堆肥を、いったん掻き出し、攪拌し、米ぬかと水を散布した。
Dsc_5458
Dsc_5467
堆肥を崩すと、発酵による40度Cぐらいの発熱による湯気が出ていた。
Dsc_5482
Dsc_5497
再度埋め戻しを行い完了。
当初お昼には焼き芋をする予定であったが、肝心の保管していたサツマイモが、気温変化の激しさもあって傷んでしまい、里芋をゆで、それを参加の皆さんでいただいた。
 その付け合わせに、焼き芋ならぬ「焼きネギ」を参加したお母さんに作っていただき、、私は初めて賞味し「Siimple is the best」を身をもって体験した。
 付録:堆肥を書き出していた時になぜか?????が出現した。
Dsc_5491
狸のシャレコウベ?との結論だが?なぜ頭だけなのか?そしてなぜ堆肥の下から出てきたのか「謎」は残った。

2018年3月 2日 (金)

菩提樹田んぼの会からのお知らせ 2018年3月号

いよいよ今年の畑作業が始まります。

以下、3月の予定を組みましたのでお知らせいたします。

3月中旬には、菩提樹池里山保全地域関係7団体による今年の第1回目の

保全作業が行われる予定です。(日取りが決まり次第連絡します)

◎ 日  程:3月10日() 雨天延期(3月18日()

作業内容:ジャガイモ畑の耕し・植え付け(小雨決行、雨天延期)

堆肥の切り換えし・周辺整備(小雨でも18日に延期)

時  間:午前9時~午前12時(休憩時 茹で里芋とサツマイモの焼き芋)の予定

集合場所:菩提樹田んぼ

持ち物 :軍手、帽子、タオル、飲み物、長靴

◎ 問い合わせ:菩提樹田んぼの会 佐藤雅生

TEL090-1889-4065 E-mail satou-masaoluck.ocn.ne.jp

 天候に迷う場合は、当日朝、佐藤(090-1889-4065に連絡ください。

2018年2月10日 (土)

堆肥作り

 今日は、2月4日の予定だった堆肥作りが、思わぬ大雪で作業延期となり、今日行いました。それでもまだ、菩提樹周辺には雪が残っておりました。

 寒さが続く毎日で、井戸の呼び水用のバケツの水が凍っていました。
Dsc_5322
田んぼも凍り、周辺にはまだ雪が残っていました。
Dsc_5316_2
1月の作業で集めた枯葉を鶏糞・油粕を撒きながら4層積み重ね、踏み固め水を撒く堆肥作りを行いました。
Dsc_5324
Dsc_5326_01_2
Dsc_5328_01
Dsc_5332
また倉庫うらの畑を耕し、野菜作りもスタートしました。
Dsc_5333_01
今日は作業開始時に環天頂アークという珍しい気象現象が見られました。
興味のある方は私の個人Blog 「とりとも雑楽帳」をご覧いただければ幸いです。
http://blog.goo.ne.jp/yyamamot7493

«くずはき(菩提樹池周辺)、堆肥撒き